ドクターコラム一覧 > ドクターコラム
緑内障について
林 倫子 先生
緑内障について
緑内障は放置すると失明に至る怖い病気です。
緑内障は自覚症状もほとんどないため、定期的な検査による早期発見・早期治療が大切です。
今回、緑内障なついて林みち子眼科 林先生に聞いてみました。
Q>
緑内障とは、どのような病気ですか?

A>
緑内障とは、眼の神経(視神経)に障害が生じ、視野が欠けていく病気です。
緑内障には、いくつかの種類があります。大きく分けて、眼圧(眼球を一定のボール状に保っている眼の張り・固さ)が高くなるもの、眼圧は正常範囲のもの、急激に眼圧が上がる発作(急性緑内障発作)を生じるものがあります。

Q>
自覚症状は、どのようなものですか?

A>
急性緑内障発作以外のものは、初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。
病状が進むと、視野が欠けていきます。視野障害は、ほとんどはゆっくり進行するので、自分では気がつかないことが多いです。 急性緑内障発作では、眼の痛み、充血、かすみ眼、頭痛、吐き気などを生じ、ただちに処置をしないと失明することがあります。

Q>
どのような検査をするのですか?

A>
眼圧検査、眼底検査、視野検査などを行って、診断します。

Q>
治療はどのようにするのですか?

A>
一度障害された視神経は、回復させることができません。
病状の進行を抑える目的で治療を行い、そのためには、眼圧を低くコントロールすることが必要です。
まず、薬物療法で、点眼薬を使い眼圧をコントロールしていきます。点眼薬で眼圧が下がらない場合は、内服薬を使うこともあります。
薬物療法で、眼圧がコントロールできない場合や視野障害が進行する場合は、レーザー治療や手術が必要です。


現在、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障を発症するといわれています。
緑内障は自分では自覚しないことがほとんどで、一度失った視野は取り戻すことができません。
早期発見・早期治療が重要です。ぜひ、検診を受けましょう。