尾上歯科クリニック

尾上 祐悦 先生
歯科 / 歯科口腔外科
芦屋市の審美歯科、インプラント、スポーツ歯科、歯科口腔外科『尾上歯科クリニック』

プロフィール

尾上 祐悦 (おのえ ゆうえつ) 先生
経歴
昭和59年
 城西歯科大学(現 明海大学歯学部)卒業
 兵庫医科大学歯科口腔外科 勤務
平成4年
 名取病院歯科口腔外科 副院長
平成20年4月
 尾上歯科クリニック開院
趣味
自動車(サーキット)・スキー
今回ご案内するドクターは、芦屋市の『尾上歯科クリニック』の院長 尾上 祐悦(おのえ ゆうえつ)先生です。
Cure(治療)からCare(予防)へ患者さんの立場になって最新の治療をされています。クリニックは、JR甲南山手より東へ徒歩3分の山手幹線沿いにあります。

病院・クリニックの特徴を教えてください。


1.歯周病の治療に注力されています。
 患者さんの『歯』を守る上で歯周病対策が最も有効な治療法です。


2.MI ミニマムインターベーション治療
 ミニマムインターベーションとは虫歯の部分だけを選択的に削って詰める治療法のことです。
患者さんのコスト負担も軽く、自分の歯を残す治療法なので審美的な面でもおすすめの治療法です。


3.親知らずの抜歯
 口腔外科専門医による抜歯が安全です。


4.スポーツ歯科
 外傷予防のスポーツ用カスタムメイドのマウスガードの作製や、運動時のパワーアップのためのマウスガード作製をされています。



推薦ドクターの声

にしわき消化器内科・外科クリニック 西脇 学  先生

尾上歯科クリニックの尾上先生は、歯科医院の先生や歯科口腔外科の先生も通われる素晴らしいドクターです。

地域医療サポーター 江上 善章
尾上先生は、落ち着いた紳士的なドクターという印象を受けました。
歯科医院の先生や歯科口腔外科の先生も通われる腕の良いドクターとの推薦を西脇院長よりいただきました。いろいろとお話しを伺っていても患者さん第一で特に『歯』を守るために歯周病対策に熱心に取組まれています。
MI ミニマムインターベーション治療という患者さん負担の軽い治療法も積極的に採用されています。