えだがわ胃腸内科クリニック

枝川 豪 先生
内科 / 胃腸科
取材日:2016年01月27日
枚方市の牧野に開業「えだがわ胃腸内科クリニック 」院長 枝川 豪先生は経験豊富な内視鏡検査治療の専門医です。

プロフィール

枝川 豪 (えだがわ ごう) 先生
経歴
1996年 川崎医科大学卒業
1996年 大阪医科大学第2内科(消化器,血液内科)入局
1998年 京阪奈病院(現 枚方公済病院)
1999年 市立枚方市民病院
2013年
えだがわ胃腸内科クリニック院長
資格・所属学会
医学博士
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会
日本内科学会
趣味
卓球・スポーツ観戦・ネットゲーム
今回は、枚方市の京阪牧野駅に近い、えだがわ胃腸内科クリニック 枝川 豪院長先生をご紹介いたします。

病院・クリニックの特徴を教えてください。

地域密着で丁寧でわかりやすい説明を心がけ納得できる医療を提供します。
院長は医師になり16年ほとんどを枚方で医療に従事されてきました。現在の自分を育てていただいた枚方に恩返ししたいと2013年9月枚方市牧野で開業されました。
市民病院等と開業医との連携を考え地域に貢献できる医療と考えられています。診察に来た患者さんが「来てよかった」と納得できる医療の提供を目指されています。胃や大腸を悪くされる原因の1つにはストレスがあります。自身のことを素直に言っていただける場でコミュニケーションを密にとることで原因解明にも繋がります。枝川院長は不安無く何でも相談できる環境づくりが大事と考えています。近隣の患者さんが安心して相談できる町のコンシェルジュを目指されています。

経験豊富な内視鏡専門医による安全で苦痛の無い内視鏡治療が可能です。
胃カメラ15000件以上大腸カメラ10000件以上におよぶ検査治療を行った経験と知識により正確な診断と最先端の治療を提供されています。
内視鏡治療といいますとつらいと思われますが、少しでも楽に受けられるように工夫されています。胃カメラは鼻から通す胃カメラと寝ている間に口からと選ぶことができます。鎮静剤は患者さんの体格に合わせた適量の鎮静剤を使用します。さらに、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用することで検査後の苦痛を軽減し、さらに安全で楽な検査を提供することが可能になりました。


推薦ドクターの声

むらのクリニック 村野 実之 先生

村野 直子先生「枝川先生は地域密着のクリニックとして活躍されています。私自身で診察してもらいたいドクター」です。

地域医療サポーター 八木 浩之
院長のお父様も八尾の市内で内科を開業されてました。根っからの阪神ファンで患者さんとの関係が近くて癒される医院であったことが今の医院を立ち上げる思いがあったようです。
総合病院では勤務医が行うことが分業化され総合的に患者さんを診ていくことが難しいようです。患者さんもいいたいことが言えたかも疑問に感じられていました。診断から治療までトータルで管理できればと開業されました。不安なく治療が受けられる憩いの場を目指されてます。勤務医時代の経験を元に開業されて間もないですがすでに患者さんとの信頼関係ができているように思います。これからますます地域に貢献されていくクリニックさんです。