わたべクリニック

渡部 安晴  先生
脳神経外科 / 小児外科 / リハビリテーション科 / 神経内科
取材日:2017年03月01日
大阪市住吉区 脳神経外科クリニック 「わたべクリニック」

プロフィール

渡部 安晴 (わたべ やすはる) 先生
経歴
奈良県立医科大学 卒業
町立大淀病院 外科・脳神経外科 勤務
大阪警察病院 脳神経外科 勤務
大阪脳神経外科病院 勤務
大阪府立急性期・総合医療センター(旧大阪府立病院)脳神経外科勤務
平成9年10月 わたべクリニック 開業
(平成18年4月に現在地に移転)
資格・所属学会
日本脳神経外科学会(脳神経外科認定医)/日本小児神経学会/大阪府内科医会
趣味
映画鑑賞、旅行
2016年に最新のMRI検査機を更新した「わたべクリニック」をご紹介します。大学病院並みの最上位機械になります。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

脳神経外科および神経内科的疾患を中心に専門性の高い診療を行っております。よくある頭痛、めまい、物忘れでも隠れた疾患が潜んでいることがあります。MRIやCT、超音波検査等により、迅速で的確な脳や脊髄の画像診断を行い、必要ならば近隣の基幹病院への紹介を行っております。また、脳の疾患は予防が極めて大切で、将来、ブレイン・アタック(*)を起こさず、健康な生活を送っていただけるよう、かかりつけ医として、患者さまとのコミュニケーションを大切にした診療を行いたいと考えております。
(*)脳卒中とほぼ同義で、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など

病院・クリニックの特徴を教えてください。

1.当院では、私と物部健彦医師(脳神経外科認定医)の二人の医師で診療を行っており、初診の患者さまにも待ち時間をできるだけ少なくし、迅速な対応を心掛けております。





2.専従のレントゲン技師が常時二人いますので、MRI、CT、レントゲン撮影が随時可能です。

3.患者さまに気持ちよくお待ち頂ける空間作りにも努めております。
下記機器を完備しております。1.5T-MRI(GE社製)・16列ヘリカルCT(GE社製)・レントゲン撮影装置・超音波検査(エコー検査)・脳波検査・重心動揺検査・ホルター心電図・骨密度測定器

推薦ドクターの声

医療法人社団宏久会泉岡医院 泉岡 利於  先生

脳外科がご専門の先生です。私どもの質問に丁寧に説明をいただきます。また、院内にはMRI・CTを置かれPCで患者様に説明をされているようで、とても安心感のある先生です。

地域医療サポーター 江上 善章
よくある頭痛、めまい、物忘れでも隠れた疾患が潜んでいる可能性があるということで、脳の検査でそれを早期に発見できれば本当に助かります。脳の疾患は、予防が極めて大切であるという渡部先生の言葉どおり、中高年齢以上の方は、心配な点があれば一度受診・相談されることを強くお勧めします。渡部先生のように患者さんに分かりやすい説明をしていただける『脳のかかりつけ医』が身近にいることは大変心強いことだと思いました。