上高田ちば整形外科・小児科

千葉 直樹 先生
整形外科 / リハビリテーション科
取材日:2017年11月21日
中野区上高田の整形外科、リハビリテーションからパーソナルトレーニングまで対応

プロフィール

千葉 直樹 (ちば なおき) 先生
経歴
昭和大学医学部医学科卒業
昭和大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
東京、神奈川、埼玉の病院勤務を経て
平成25年~石川島記念病院整形外科
平成26年~石川島記念病院整形外科部長
平成29年 上高田ちば整形外科・小児科開院
資格・所属学会
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 ロコモアドバイスドクター
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
東京都身体障害認定医(肢体不自由)
日本骨折治療学会
日本アロマセラピー学会評議員
受賞歴・出版物
平成29年7月「健康!いきいき長生き とってもかんたん ながらロコモ体操」金園社
平成28年11月「香りで心と体を整える」フレグランスジャーナル社
平成24年「香りで痛みをやわらげる~ある整形外科医の処方箋~」フレグランスジャーナル社
今回ご紹介する先生は、中野区上高田の上高田ちば整形外科・小児科の整形外科の千葉直樹先生です。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

クリニック理念
・子供から大人まで全世代の患者様に良質で適切な医療を提供します。
・地域に貢献する医療を行います。
・全職員が常に感謝と謙虚な心を持って行動いたします。
・ケガをしない、病気にならないための予防医療に積極的に取り組みます。

 従来の治療は、痛みがあればレントゲンを撮り飲み薬や湿布薬を処方してという対処療法が主でした。
患者様の痛みの原因となっている筋骨格系に目を向け、筋力評価をし正しくリハビリし患者様の体を痛めつけない医療をどんどんしていきたいですね。
 例えば、体が不調をきたす前に体の評価をすることにより、隠れた病気(骨粗しょう症)が見つかり予防治療によりケガを防ぐことができます。
自分では健康だと思っていても、筋力低下が起きていて,ある時躓いて転んで骨粗しょう症が発見されます。その時には既に骨折もしてしまっています。
これを未然に防ぐのが開業医の役割だと考えています。
 これからは、開業医が保存療法で99%担える部分を行い、手術などは大学病院等にお願いし、リハビリ等は開業医でと機能分割を行う中で、当院でも患者様お一人お一人に合わせたリハビリメニューのご提案と専門スタッフによる指導により術後の経過をより良い状態に致します。

 まず治療というのは、患者様の意識改革が大きなポイントになります。
・運動をしていない人でしたら、運動をしましょう。
・食生活が乱れている人だったら、食生活を正しましょう。
・煙草をすっている人だったら、煙草をやめましょう。
これをしない限りいくら良い薬を使ってもリハビリをしても、結局は何の効果もありません。
内科も外科も関係なく患者様の意識を変えるところからはじめ、一緒に良い治療結果を得ていきましょう。

病院・クリニックの特徴を教えてください。

*ロコモアドバイスドクター
院長は日本整形外科学会所属の「ロコモアドバイスドクター」で、ロコモティブシンドロームの正しい知識と予防意識の啓発のための活動・執筆などを積極的に行っています。当院でも、患者さん向けのロコモ体操教室などを随時行う予定です。
*高気圧酸素ルーム
当院では自由診療の一環として、酸素ルームを導入しています。
ゆっくりと加圧し、最大で1.2~1.3気圧にすることにより、体内の溶解型酸素を増やして全身の血流を改善します。
最大8名入れるゆったりした作りになっており、TV、エアコン完備です。
<こんな方にお勧めです>
 日頃の疲れを取りたい方
 集中力を高めたい方
 足のむくみがある方
 関節痛、腱鞘炎、傷などがなかなか治らない方
 腰椎椎間板ヘルニアがなかなか治らない方

*パーソナルトレーニング 
アスリートやスポーツ選手の方は、専属パーソナルトレーナーの下で、ルーム内でトレーニングも可能です。
月曜・水曜に専属パーソナルトレーナーが来ますので、ご相談ください。


推薦ドクターの声

やまぐち内科ハートクリニック 山口 隆 先生

千葉先生とは以前勤務していた市中の総合病院で一緒でした。救急でお願いする事も多く、どんなに多忙の中でも2つ返事で患者さんを引き受けてくれてました。もちろん診察・説明も丁寧でとても信頼出来ました。
 偶然に同じ中野区で開業する事に何か縁を感じますので患者さんや職員のお子さんの事とかは奥様の副院長先生にも是非お願いしたいと思います。坑加齢学にも造詣が深く幅広く相談出来る“地域のお医者さん”です。

地域医療サポーター 泉 順子
千葉直樹先生は、3人のお子様のお父様。
毎朝自宅から自転車で2人のお子様を保育園に預けてからご出勤されるそうです。
クリニックにはとても良い香りが漂っていました。千葉先生は香りがお好きでよい香りで患者さんの体がリラックスし緊張がほぐれるようにと考えていらっしゃいます。
大学病院に在籍されていた時は多くの手術をなさっていらっしゃいました。
手術に至る症状になる前に、治療により症状を改善し一人でも多くの患者さんの体を痛めつけない医療に取り組みたいという思いで開業されています。
通院が困難な患者さんの為に、短いお昼休みの時間を使って往診も行っていらっしゃいます。
兎に角、地域の皆様の健康増進に貢献していくという思いがと伝わってきました。
患者さん一人一人にしっかりと向き合ってくださる先生ですから、老若男女どんな方でも、気軽にご相談されることをおすすめ致します。
(緊急時は警察病院・中野総合病院が連携先になっています。)