ストレスケア東京上野駅前クリニック 

細川 大雅 先生
心療内科 / 精神科
取材日:2018年03月21日
ストレスケア東京上野駅前クリニック
アートセラピー(芸術療法)
JR上野駅の入谷口から徒歩0分

プロフィール

細川 大雅 (ほそかわ たいが) 先生
経歴
・東京大学医学部卒
・東京大学医学部精神医学教室
・東京大学附属病院精神神経科
・東京大学大学院博士課程修了(医学博士)
・内閣府
・米国ハーバード大学医学部精神科
・東日本大震災の被災地において長期の医療支援活動に従事、精神科医療システムを構築(東京大学・ハーバード大学の活動として)
・神経科土田病院 副院長
資格・所属学会
■資格
 ・医学博士
 ・精神科専門医(日本精神神経学会認定)
 ・精神保健指定医
 ・産業医(日本医師会認定)

■所属学会
 ・日本精神神経学会
 ・米国精神医学会
 ・米国生物学的精神医学会
受賞歴・出版物
『対話で学ぶ精神医学入門――コメディカル・学生のために』 医療コミュニケーションセンター
『TEXT精神医学』(共著) 南山堂
『精神科臨床ニューアプローチ4, 統合失調症と類縁疾患』(共著) メジカルビュー社
『精神疾患の脳画像解析・診断学』(共著) 南山堂
趣味
ハーバード大学時代の友人が北極海に無人島を所有しているため、夏にそこで1週間ほど過ごすことがあります。
無人島ですので、水道もなければ食料もありません。毎日の食料は、その日に北極海で釣った魚や野山で摘んだワイルドベリーです。
もちろん携帯電話の電波も届かなければ、ネットもありません。そんな環境で一人思索にふけると良い考えが浮かんでくるものです。
(北極圏では夏は白夜で日は沈みませんので、明かりには困りません)
今回は、2018年に開院されたストレスケア東京上野駅前クリニックをご紹介します。
あなたが抱えている問題を明らかにし、それを一緒に解決していくカウンセリングを重視したクリニックです。
お薬を出すだけのクリニックではありません。
例えば、自分が抱えている問題というのは自分自身ではよくわからないことが多いため、それを明らかにすることからお手伝い致します。
「そもそも自分では病気かどうかもわからないのだけれど、それで医療機関にかかっていいのかしら?」というご相談をよく受けますが、全く問題ありません。
・学校に行けない
・働けない
・人とうまくやっていけない
いろいろな悩みがあると思いますが、それを解決していくのがストレスケア東京上野駅前クリニックです。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

■こころが疲れたときに、立ち寄りたいクリニック
疲れたときにお気に入りのカフェで一息つくと、明日からまた生きていく気力が湧いてきませんか? そんなお気に入りのカフェのような場所を目指して、ストレスケア東京上野駅前クリニックはオープンしました。
当クリニックは、単にお薬を出すだけのメンタルクリニックではなく、アートにあふれた居心地の良い居場所にとどまるものでもありません。明日を生きていくための力を取り戻すのはもちろん、今は十分に発揮できていないあなたの本来の力を引き出すための診療・デイケアプログラムを用意しているのが、ストレスケア東京上野駅前クリニックです。

ドクターになったエピソードや開業するに至った思いを教えて下さい

■毎日を元気に過ごすためのヒントが得られるクリニック
心療内科や精神科は人が本来の力を発揮し、充実した人生を生きるためのサポートができる診療科です。それにもかかわらず、一般の方々は、「心療内科や精神科を受診するのは敷居が高い」と感じていらっしゃるのではないでしょうか。
そんな中、「自分は病気というわけじゃないと思うけれど、もう少し元気に毎日を過ごすためのヒントがあれば」という方々が気軽にかかれるクリニックとして、ストレスケア東京上野駅前クリニックを開きました。

信条や座右の銘など、またそれにまつわる想いがございましたら、教えてください。

■その人の本来の力を引き出す
ストレスケア東京上野駅前クリニックはストレスケアの専門医療機関ですので、専門家の立場からいろいろなアドバイスができます。
しかしながら、本当の力はここに来られる皆さんの中にこそあります。専門家は決して上から意見を述べるのではなく、皆さんがご自分では気づいていない力を、専門ツールを用いて引き出すのが役割です。

病院・クリニックの特徴を教えてください。

カウンセリング・認知行動療法を誰もが受けられる
カウンセリングというと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか? 「話を聴いてもらうだけ」、「自費で高い」、「誰もが受けられるわけじゃない」?
ストレスケア東京上野駅前クリニックには数多くのカウンセラーが在籍し、受診された方々には担当の専属カウンセラーがつきます。
当クリニックのカウンセリングは話を聴くだけの傾聴カウンセリングではなく、認知行動療法の枠組みを用いた問題解決型のカウンセリングです。
そのカウンセリングを誰もが受けることができ、特別な個別プログラムを以外は自費ではなく保険が使えるため、支出が抑えられるのもポイントです。

アートセラピーデイケアで個人の力を引き出す
ストレスケア東京上野駅前クリニックのデイケアでは、アートセラピー(芸術療法)に力を入れています。
アートセラピーは単にプロが教える絵画教室というわけではなく、プロフェッショナルなクオリティを持つアートプロダクトを制作しています。
そうはいっても、デイケア「当事者アートプロダクション」は、アートのプロを目指す方だけが通う場所ではありません。アートプロダクトづくりには企画・制作・編集・営業などいろいろなパートがあります。各自が自分の特性を活かしながら、コミュニケーションのトレーニングを兼ねつつチームとして取り組んでいますので、アートのセンスがない方でも全く問題ありません。

思春期・発達の問題・引きこもりに対応
薬をのむだけで良くなるわけではない思春期や発達の問題、引きこもりなどでお悩みの方は、ストレスケア東京上野駅前クリニックにお任せください。
また、「自分は病気ではないと思うのだけれど、こんなことで相談していいのかな?」と迷われている方もぜひご相談ください。各分野の専門家を揃えた当クリニックならば、必ず力になれると思います。


推薦ドクターの声

円メンタルクリニック 川手 恒太 先生

メンタル領域の幅広い知識を生かして、患者さん自身の良くなろうとする意欲を最大限に引き出してくださる先生です。
医学的な知識や経験に偏ることなく、その患者にとって何が大切な事かを真剣に考え提案してくれる信頼を寄せるに足る先生です。

地域医療サポーター 江上 善章
院長の細川先生は、アートセラピー(芸術療法)に注力されています。
上野には、上野の森美術館、博物館、動物園があり、創作や想像力、自然、生き物の躍動感や笑顔が溢れた環境に取り囲まれています。そのようなパワースポット。上野の地に新しく出来たクリニックです。

心療内科は、ケガのように外傷のある治療ではないので、一番最初は、少しハードルが高い診療科目かもしれませんが、心が疲れたと思った時に、カフェに立ち寄る気分で覗いてみてはいかがでしょうか?

クリニックの特長として細川先生の指導のもと専任のカウンセラー(男女)が12名前後いますので、その方の年齢や性別、悩みの内容などにマッチしたカウンセラーが担当することもできます。

保険診療が適用できる点もおすすめです。費用の面でも普通のクリニック同様に通院できます。