佐々木クリニック

佐々木 公一 先生
腎臓内科 / 人工透析内科
取材日:2018年04月26日
大阪市鶴見区 腎臓内科 人工透析内科【佐々木クリニック】

プロフィール

佐々木 公一 (ささき こういち) 先生
経歴
2006年 福岡大学医学部卒業
2006年 大阪大学医学部附属病院 研修医
2007年 NTT西日本病院 研修医
2008年 地方独立行政法人
    りんくう総合医療センター
      腎臓内科 医員
2012年 大阪厚生年金病院 腎臓内科 医長
2014年 独立行政法人 地域医療機能
    推進機構(JCHO)
    大阪病院(旧 大阪厚生年金病院)
     腎臓内科 医長
2015年 佐々木クリニック 副院長
2016年 佐々木クリニック 院長
資格・所属学会
■資格
 ・ 日本腎臓学会認定専門医
 ・ 日本透析医学会認定専門医
 ・ 身体障害者(腎機能障害)認定医
 ・ 日本内科学会認定内科医
 ・ 総合内科専門医
 ・ 日本プライマリ・ケア連合学会認定
  プライマリ・ケア認定医
 ・ 難病指定医(成人)、(小児)
 ・ ACLS(二次心臓救命蘇生処置)
  プロバイダー
 ・PALS(二次小児救命蘇生処置)
   プロバイダー
 ・ JATEC(重症外傷者への救命蘇生処置)
   プロバイダー

■所属学会
 ・日本内科学会
 ・日本腎臓学会
 ・日本透析医学会
 ・日本アフェレシス学会
 ・日本プライマリ・ケア連合学会
 ・アメリカ腎臓学会
受賞歴・出版物
■受賞歴
第54回(2011年)
日本腎臓学会学術総会優秀演題賞受賞
「血液透析導入期の透析中血圧と長期予後の検討」

趣味
学生時代はバドミントンをしていました。
最近は子供達がまだ小さいので、一緒にできるスポーツや日帰り旅行を可能な限り行うようにしており、今はそれが趣味のようになっています。
今回は、鶴見区の 腎臓内科 人工透析内科の佐々木クリニックの院長 佐々木 公一先生をご紹介します。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

初めまして。佐々木 公一です。
慢性腎不全を患う方は国内に1300万人以上いて、年々増加しています。しかし腎臓の専門医は多くありません。そのために適切な治療を受けられずに人工透析が必要となってしまう方や、逆に透析をする必要がないのに早くから透析を導入されてしまう方がたくさん存在するのです。私はそんな人を一人でも減らしたいと思っています。

ドクターになったエピソードや開業するに至った思いを教えて下さい

父の病気を契機に実家のクリニックを継ぐか、これまで通り大きな基幹病院で働き続けるか悩みました。
クリニックがある大阪市鶴見区周辺は長らく腎臓内科専門医が不在でした。
クリニックを手伝った際、上記のような腎疾患に対して適切な治療が行われていない、あるいは不必要な治療が行われている患者さんがあまりに多いことを目の当たりにし、そのような患者さんをこの地域で少しでも減らしたいと思い、実家を継ぐことにしました。

信条や座右の銘など、またそれにまつわる想いがございましたら、教えてください。

患者さんには笑顔で長生きしてもらいたいので、自分や自分の家族が患者になった時に、「こんなクリニックだったら通いたい」「こんな先生だったら相談したい」と思えるようなクリニックや医者でありたいと思います。

病院・クリニックの特徴を教えてください。

鶴見区、城東区、旭区で唯一の腎臓内科専門医が行っている透析クリニックです。
透析療法というのは腎機能が失われてきたために、自分の腎臓の代わりに人工腎臓を使用する治療法です。治療には高度の専門知識が必要ですが、腎臓内科の専門でない先生方が透析を行っている病院が多数あるのが現実です。
当院は腎臓内科および透析の専門医なので、体に負担の少ない、より適切な人工透析が可能です。

オーバーナイト透析
オーバーナイト透析とは夜間入眠中に行う透析で、大阪ではまだほとんど行われていない治療法です。
夜の10時までに来院して頂き、翌朝まで透析を行います。
日中の時間の確保に加え、長時間の透析を行うため、十分な毒素の除去による身体への負担軽減、血圧の安定化等の多くの効果が期待できます。

当院で各種超音波検査や採血を行うことが可能です。
当院では緊急時には院内で血液検査を行うことが可能です。
ほとんどのクリニックでは院内で血液検査ができないため、専門の会社に検査を頼んでいる状況です。
ただそれでは急変時に検査を行おうとしても、検査結果を知るのに数時間要するので、直ちに加療が必要な際でも治療開始が遅くなる可能性があります。
当院では院内で採血が可能な為、緊急時に速やかに検査が行え、必要な処置もすぐに行えます。


推薦ドクターの声

池尻歯科医院 池尻 良治 先生

多方面に造詣が深く、研究熱心で、まじめで 曲がったことが嫌いな先生です。
患者さんにいつも寄り添い 何が患者さんにとってベストかを考えていらっしゃいます。
薬の副作用にも詳しく 安心して治療を任せられる数少ない先生だと思います。

地域医療サポーター 江上 善章
佐々木先生は、数少ない腎臓の専門医として多忙にされていますが、その多忙な時間を割いていただき、今回取材訪問に伺った際に、当サイトは、同じ医師から推薦された安心・信頼できるドクター限定で無料で紹介している話やJR福知山線事故の負傷者で、事故体験からボランティア活動である自己紹介した際にも、大変関心を示していただきました。

大手ドクターサイトが飲食店同様に掲載料を支払えば、どんな病院・クリニックでも掲載をしている現状に疑問を感じている点も共感をいただきました。
私の思いですが、人命や健康を担うドクター情報が、掲載料させ支払えば誰でも信頼できるドクターと広告するのは、患者さんの不利益だと思います。

専門分野でもない医師が診察や治療を行うことで、患者さんが早期治療のチャンスを逃したり、余計な負担を抱えることがあってはいけないという共通認識も感じました。

佐々木先生は、腎臓専門医のスペシャリストですが、患者さんのことを最優先で考えクリニックを開業されました。
今もその熱い思いで真摯に取り組まれている姿勢を感じることができました。