医療法人大塚医院

大塚 弘友 先生
内科 / 消化器科 / 小児科

プロフィール

大塚 弘友 (おおつか ひろとも) 先生
経歴
近畿大学医学部 卒業
京都第一赤十字病院研修医(内科・小児科ローテート)
京都第一赤十字病院 第二内科勤務
京都第一赤十字病院 胃腸科・救急部(医長)勤務
昭和35年開業 平成11年3月 医療法人 大塚医院継承
(京都第一赤十字病院消化器科非常勤嘱託)
資格・所属学会
日本内科学会認定内科専門医/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医
趣味
スポーツ・食べること

患者の方に向けてメッセージをお願いします

当医院は昭和35年に先代(故大塚方子)である母親が、この地に開業して以来の内科診療所です。平成11年、先代の急逝を機に、長年修行させていただいた京都第一赤十字病院を退職して、医院を継承しました。私も地元育ちであり、地域の方や旧知の方たちの色々な相談を受けながら診療をしています。

病院・クリニックの特徴を教えてください。


内科専門医として患者さんのどのような訴えにも対応できるように努力しています。また幅広く病院と連携することにより、診療の質を維持しています。安心してうけてもらえる消化器内視鏡検査を心がけています。

推薦ドクターの声

医療法人 菅田医院 菅田 信之 先生

中学、高校、京都第一赤十字病院での尊敬できる先輩です。専門は同じ消化器科ですが、日赤では救急部にも所属し、様々な事態に積極的に関わって来られました。現在は、実家の医院を継がれ、小児も含めあらゆる疾患を積極的に診療されています。様々な訴えに対しても、適切な判断をして頂ける方です。私の子供の主治医でもあります。

地域医療サポーター 江上 善章
先代よりの意志を引き継ぎ地域医療に尽力されている実直な印象のする真面目なドクターでした。クリニック内には子供向けのおもちゃを置いているなど院長の優しい一面が伺えます。