林歯科クリニック

林 貴志 先生
歯科
取材日:2018年07月25日
大垣市墨俣町の歯医者・歯科 林歯科クリニック

プロフィール

林 貴志 (はやし たかし) 先生
経歴
愛知学院大学歯学部卒業
2010年 愛知学院大学歯学部付属病院にて臨床研修医として勤務
2011年~2012年 愛知県の歯科医院に勤務
2012年~2018年 岐阜県の歯科医院に勤務
趣味
様々なところに旅行に出かけるのが大好きです。今でこそないですが、独身の頃は、朝TVで見て行きたいと思ったら遠くでもすぐその場で車で出かけていました。また、物を作るのも好きで、プラモを作ったりします。最近はデアゴスティーニの週刊スターウォーズのミレニアムファルコンを2年かけて完成させました。新しい医院のどこかに飾れたらと思っています。
大垣市墨俣町、お子様からシニア世代の方までの皆様が気軽にご来院・ご相談頂ける、地域のホームドクターを目指します林歯科クリニックの院長林先生をご紹介いたします。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

皆様、初めまして。
このたび林歯科クリニックを開院させていただくことになりました林 貴志と申します。

当院は地域の方々のお口の健康管理を安心して任せていただける、かかりつけ歯科医院を目指しています。そのために当院では、お一人お一人からしっかりとお話を伺い、患者様と二人三脚となって治療計画を立てさせていただきます。インフォームドコンセントを徹底し、治療の流れ・費用なども、事前に十分にご説明させていただきます。 地元密着型のホームドクターとして、「怖い」「話を聞いてくれない」そんなマイナスイメージの無い歯科医院でありたいと考えています。

当院では、歯科医院にご来院できない方にもしっかりとお口の健康を維持して頂くために、訪問歯科診療も行っております。
お口に関することで、困っていることや気になることがございましたら、まずはお気軽にご来院ください。

ドクターになったエピソードや開業するに至った思いを教えて下さい

父が医者でその背中を見て医師になりたいと思っていましたが、パソコンにも興味があり、理工学部に入学しました。しかし、医療に携わりたいという想いを捨てられず、理工学部を卒業後、歯学部に編入し、歯科医師となりました。

病院・クリニックの特徴を教えてください。

患者さんとのコミュケーションを重視し予防歯科に力を入れています。
虫歯を削る、歯を抜く、根っこの治療や、かぶせものをするという歯の治療も大切ですが、重要なことは、虫歯や歯周病にさせないように、きちんと予防をしていくことだと思います。そのために、患者さん、またはその保護者とのコミュニケーションを大切にしております。虫歯や歯周病を予防するためにはどうしたらいいのか、その提案、方法、実践ができる環境が整っております。私を含め、歯科医師2人と、衛生士が、親子3世代の口腔管理を行っていきます。
訪問歯科診療を行っていきます。
高齢化社会となった現在、歯科医院へ来ることが困難な患者さんが増えております。そんな方たちのために訪問診療が不可欠です。私は長年、訪問診療にも携わってきました。その経験を生かし、歯や歯周病治療、口腔ケア、摂食嚥下等、口腔機能の維持向上を目的としたリハビリテーションを訪問用の医療機器を使用し、行っていきたいと思っています。
CTやマイクロスコープを使用して、より正確で精度の高い診断治療を提供できます。
今までのレントゲン撮影では、平面的なものでしか判断できませんでしたが、CTにより三次元的に捉え、あらゆる角度からお口の中を観察することができます。また、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)は、肉眼では見えずらい箇所や細かい患部を高倍率で見ることできる医療機器です。この2つを組み合わせることで、より正確な審査診断、より精度の高い歯科治療を行うことができます。

推薦ドクターの声

墨俣医院 熊崎俊樹 先生

林貴志先生はわたしの高校の先輩でもあり、以前総合病院で一緒に勤務させていただいていた間柄ですがこのたび奥様とともにご開業されることになりました。病院勤務医時代より一貫して患者さん思いで、患者さんの歯の問題だけでなく、その先にある食べること・飲み込むこと、ひいては患者さんの生活全般にまで思いを馳せた診療を心がけていらっしゃるので、かかりつけの歯科医としてうってつけの存在と言えると思います。奥様とお互いの得意分野を活かしながら、訪問歯科診療にも力を入れていかれるとのことで、全人的な医療を目指す当院としてもぜひ連携させていただきたい先生です。

地域医療サポーター 八木 浩之
大垣市墨俣町、墨俣一夜城近くに平成30年8月に開業されました。木を基調に、ゆったりとしたキッズルーム、待合も窓際で明るく開放的でアットホームに仕上がっています。奥様も歯科医師で診察室は3部屋ございます。院長の林先生のお父様は大垣インター近くで外科を開業され、林先生の弟さんがお父様のところで副院長として活躍されています。初めは理工学部に進学しました。卒業してから改めて歯学部に編入し、歯科医師になられました。愛知県の歯科医院に勤務の際は、自分では理論上理想と考え作成した入れ歯等金属が患者さんにとって違和感があったり、長年使用してきた入れ歯との相違を意識しながら、患者さんの現状に合わせた作成の大事さを学ばれました。岐阜県の歯科医院に勤務の際は訪問診療も行い、飲み込むことの大事さ、訪問することで患者さんの環境を知り家族全体を診察していくことの大事さを学ばれます。一番大事なことは虫歯にならないこと.日々どうしていくかというと日頃からのケアを心がけることが大事で、虫歯の歯を 削って治すことも大切ですが、林先生は予防することに力を入れてられます。家族で歯の大事さを共有して親子三代,歯から健康のお役に立ちたいと考えてられます。奥様とおふたりで今できることをコツコツと歩んでいければと思われてます。大垣市近辺で歯について気になることがございましたら林歯科クリニックの林先生にご相談ください。