澤木内科・糖尿病クリニック

澤木 秀明 先生
内科 / 糖尿病科 / 糖尿内科 / 糖尿病内科
取材日:2017年03月07日
大阪府高槻市の糖尿病専門医、総合内科専門医の澤木内科・糖尿病クリニック

プロフィール

澤木 秀明 (さわき ひであき) 先生
経歴
1991年 大阪府立北野高等学校卒業
1998年 大阪医科大学医学部医学科卒業
1998年 大阪医科大学第一内科入局、
     研修医開始
2000年 市立池田病院 内科勤務
2004年 大阪医科大学大学院第一内科
     (糖尿病代謝内分泌内科)入学
2008年 大阪医科大学大学院医学研究科内科
     学講座内科学(Ⅰ)修了
2008年 大阪医科大学附属病院勤務(助教)
2010年 市立枚方市民病院内科 勤務
   (日本糖尿病学会教育施設 指導責任者)
2011年 有澤総合病院 糖尿病内科部長就任
  (大阪府枚方市)
   (日本糖尿病学会教育関連施設 指導責任者)
2012年 有澤総合病院 糖尿病センター 
    センター長 就任 
   (日本糖尿病学会教育関連 施設 指導責任者)

2016年 澤木内科・糖尿病クリニック開設、
    院長 就任
資格・所属学会
■資格
 ・医学博士
 ・日本糖尿病学会研修指導医、
 ・日本糖尿病学会専門医、
 ・日本糖尿病協会療養指導医
 ・日本内科学会総合内科専門医、
 ・日本内科学会内科認定医
 ・日本医師会健康スポーツ医、
 ・日本透析医学会会員、
 ・米国内科学会 (ACP) 会員
 ・ACP Japan Chapter ,Publication committee
  委員(2007-2008,2008-2009,2009-2010,2010-2011)
 ・ACP Japan Chapter ,Public relations committee
   委員(2012-2013)
 ・日本内科学会資格試験病歴要約委員
(2012,2013,2014,2015,2016,2017)

■所属学会
 ・日本腎不全栄養研究会 幹事
 ・淀川リバーサイズ糖尿病カンファレンス 
   代表世話人
 ・Meet the Expert for diabetologists in
   Kansai (MEK) 代表世話人 
 ・北河内糖尿病フォーラム代表世話人
 ・北河内先進糖尿病治療研究会代表世話人
 ・枚方糖尿病療養指導セミナー世話人
 ・腎と糖尿病カンファレンス世話人
 ・大阪糖尿病協会顧問医会ODES世話人
 ・大阪インスリンポンプサロン事業担当医師
受賞歴・出版物
平成25年度 大阪府医師会 医学研究奨励賞
趣味
読書と体を動かすこと、美味しいものを食べながら、語らうこと。
小学校時代には本を読むのが好きすぎで、こっそりトイレに持ち込んで読んだりもしていました。目が悪くなった、原因のひとつと思われます。
体が動かすのが好きで、いろんな運動に挑戦してきました。最近までは剣道も続けていましたが、肉ばなれをしてからは疎遠になっています。医学部生の時と、医師になってからと2回、同業者の大会で団体戦ですが、優勝したことがあります。水泳は好きで、とくに平泳ぎだと、長い距離を泳げます。
仲間や親しい人たちとの美味しいものを食べながらのだんらんは大好きです。
今回は、高槻市の糖尿病専門医、総合内科専門医の澤木先生をご紹介します。
患者さんの利便性向上のため予約優先制とし、生活習慣病や糖尿病のカウンセリングや最新の治療に注力されています。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

患者さんと良好な人間関係を形成できるように努力します。

患者さんの目線で、一緒に血液検査、尿検査や脂肪筋肉量測定などの検査で状態を正確に把握します。

食事、運動、ストレスの改善案、薬物治療などを話し合います。
健康を土台に、縁ある人が物心両面で豊かな生活が送れるように支援できる社会貢献につながるクリニックでありたいです。
スタッフも向上心をもって、成長し、最善、改善の努力をし続けたらと考えています。



ドクターになったエピソードや開業するに至った思いを教えて下さい

中学時代に祖父母がお世話になった医師にあこがれたのがきっかけです。
総合内科専門医も早々に取得し、大学院での研究生活も充実していました。
30歳代で、日本糖尿病学会の認定施設での糖尿病センター長に就任し、糖尿病治療チームを立ち上げ、育成しました。
長くお付き合いすることが必要なので、病院よりも、患者さんとの距離が近い専門クリニックを開院したい、
患者さん満足度で日本一のクリニックを目指したい、と考えるようになりました。

信条や座右の銘など、またそれにまつわる想いがございましたら、教えてください

「愛・感謝・貢献」を3信条とします。
周囲の方のご支援のおかげで今日の私たちがあります。
縁ある人を幸せにすることで、単に病気をなおす、改善するだけでなく、社会に役立つようなクリニックにしていきます。
(1)患者さんは最善を尽くしてきたと考え、良好な人間関係を構築します。
(2)ニーズにあった医療と良質な情報を提供し、最善をつくします。
(3)世界中の最新の知見を集めて、学び、診療技術の向上に努めます。

病院・クリニックの特徴を教えてください。

糖尿病専門医、総合内科専門医として糖尿病、内科全般、生活習慣病に豊富な経験と実績: 血糖、A1c、尿検査はすぐに結果がでます。
予約優先制とし、生活習慣病や糖尿病のカウンセリングや最新の治療に力を入れます。(常勤の管理栄養士も対応します。)
HbA1cと血糖値、一般的な尿検査は検査時間は10分程度です。混雑の具合で、待ち時間は変わりますが、なるべくお待たせしないように業務の改善を日々図っています。
カウンセリング室4室、リハビリ室を備え、栄養や運動に関する相談も積極的に行います。チーム医療で患者さんと共に、合併症を予防し、重症化阻止を図ります。多数の配布用資料もそろえております。当院オリジナルのものも作成中です。

予約優先性で通いやすい雰囲気と場所: JR高槻駅まえ(南側)です。
通院が楽しみになるように一緒に目標を設定します。JR高槻駅南側陸橋直結、市営バスのJR高槻南バス停おりば前、京阪バスのJR高槻駅バス停おり場前、阪急高槻市駅徒歩6分でアクセスが抜群です。
駐車場も連携し、市営高槻南立体駐車場と市営弁天駐車場の回数券をお配りしています。

注射療法やインスリンポンプ療法に精通、ライフスタイル外来や予防接種も実施
予防接種、1型糖尿病外来、肥満症外来、ライフスタイル外来(ED、AGA)など多彩です。
ライフスタイル外来とは
外来の受付にこられた患者様が、「ED外来をお願いします」とは、なかなか言いにくいものです。ですから、当院では、ED治療と男性型脱毛症治療の診療をあわせて、「ライフスタイル外来」という形で、表現するようにしております。
もし当院の受付で申込をされる場合に、どの外来をご希望ですか?と受付に質問された時には、「ライフスタイルでお願いします」とお答えください。この用語であれば万が一、他人の耳に入ったとしても解らないので安心です。
プライバシーを保護する為、男性医師が診察室の中で直接、処方いたしますので、プライバシーをできるだけ保護することができます。予約は不要で、すぐに処方いたします。"


推薦ドクターの声

あおぞらクリニック 今村 洋一 先生

糖尿病を専門にされている先生で、お若いですが、臨床経験も豊富です。特に患者さん1人1人丁寧に診察されている先生で、患者さんの疑問にも親切に答えていただけます。よくお話をきいていただけるので通院している患者さんにとっては心強い味方ですね。

地域医療サポーター 江上 善章
澤木先生は、あおぞらクリニックの今村洋一先生およびソレイユ千種クリニックの木村那智先生の2人からご推薦をされました。その推薦コメントからも分かるとおり大変研究熱心なドクターで、患者さんに対しても常に全力を尽くすタイプのドクターだと感じました。

糖尿病のように通院を長期間続けながら治療が必要な慢性疾患の場合、ややもすると、放置してしまいそうになりますが、澤木先生のように熱心なドクターだと患者側も、頑張ろうと言う気持ちになります。
また、スタッフさんも、時間が許せば医療講演会などの外部勉強会に参加されるなど、仕事に対するプロ意識も高いクリニックです。澤木先生が、スタッフさんとの連携も大切にされているからこそ、優秀なスタッフさんが在籍されているのでしょう。

本気で治療されたい患者さんであれば、おすすめのドクターです。