清原整形外科医院

清原 稔之  先生
外科 / 整形外科 / リハビリテーション科
急患の対応から在宅医療まで地域医療に貢献されている整形外科医

プロフィール

清原 稔之 (きよはら としゆき) 先生
経歴
大阪医科大学卒業
高槻病院・兵庫県立淡路病院・神戸労災病院・三田市民病院
大阪回生病院・神戸大学付属病院など勤務
平成19年8月 清原整形外科医院 開業
資格・所属学会
整形外科専門医/脊椎脊髄病医専門医/運動器リハビリテーション専門医/日本整形外科学会/日本骨折治療学会/中部日本整形外科学会
趣味
テニス・野球・映画・ミュージカル鑑賞・AMラジオ愛聴
今回ご紹介するクリニックは、神戸市東灘区魚崎で開業されている「清原整形外科医院」です。

清原整形外科医院の清原稔之院長は、大阪医科大学を卒業され神戸大学整形学科に入局、数々の病院で研鑽され大阪回生病院に勤務後に、それまでお父様が院長であった当医院を継承されて平成15年より診療されています。

患者の方に向けてメッセージをお願いします

当院は昭和48年に父、清原六郎が開業し、平成19年8月に私、清原稔之が院長をさせていただいております。
整形外科一般に関して診察治療を行っており、診療所圏内で発生した怪我に関しては休日においても可能な限り診察させていただき、患者様の不安を少しでも早く取り除く事ができたらと考えております。
地元小学校卒業ということもあり、地域密着をモットーに、より良い治療を受けていただくための地域医療ネットワークの活用も行っています。腰痛、膝、肩、関節痛等の他に医療全般お困りの事がありましたら遠慮なくご相談ください。

病院・クリニックの特徴を教えてください。


整形外科一般に関して診察治療いたしております。
手術が必要だと診断した疾病に対しては、速やかに各中核病院の地域連携室を利用し症例にあった病院を紹介させていただいています。患者さんの気持ちを大切に考えるホームドクターを目指します。


推薦ドクターの声

地域医療サポーター 江上 善章
整形外科医としての豊富な経験を生かし整形全般に対応しており、特に脊椎・頚椎・腰椎など重要部位の痛みや痺れ感の症状を判断し、必要に応じレントゲン・MRI検査や提携先病院への紹介など機動的に実践され、大事に至らないように地域のかかりつけ医としての役割を果たしています。さらに高齢者の方の緊急対応として往診や在宅医療にも注力されています。