main_kakari

澤 芳樹 先生 大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科

日本再生医療学会では、患者やその家族、一般の方を対象にした『患者相談窓口』を開設しております。 日本再生医療学会患者相談窓口 電話03-6262-3120  受付時間①10時~13時  ②14時~16時  受付日 月・水・金曜日 *祝日、年末年始は除く

服部宏行 先生 はっとり整形外科 リウマチ科クリニック

今回は、一般財団法人 仁和会総合病院の副院長 諸橋 彰先生のご推薦をいただきましたので、はっとり整形外科・リウマチ科クリニックの院長 服部宏行先生をご紹介いたします。

推薦者の声

諸橋 彰 副院長

一般財団法人 仁和会総合病院

服部先生は私の大学の後輩にあたりますが、彼の整形外科医としての知識、技術には幾度となく助けられました。一般的な整形外科疾患はもちろん、近年よく話題になるロコモティブシンドロームや、日々進歩している骨粗鬆症の治療や予防などに柔軟に対応し、一人一人に適した治療を提供してくれることでしょう。また、彼が専門としていた腫瘍疾患や関節リウマチは一般の整形外科医は苦手とする分野ですが、彼は的確な診断と治療をしてくれることは間違いありません。そして服部先生の一番の武器は「聞く」能力に長けていることです。患者さんの言うことに耳を傾け、長い間寄り添ってくれるホームドクターになってくれるものと確信しております。


河嶌 美穂 先生 半蔵門のびすここどもクリニック

このたび、望月貴博先生のご推薦をいただきましたので、半蔵門のびすこ こどもクリニックの院長 河嶌 美穂先生をご紹介します。

推薦者の声

望月 貴博 先生

希望の森 成長発達クリニック

大阪市立総合医療センターで一緒に仕事をさせていただきました。 小児の重症を扱う朝も夜もない救命救急センターでのハードな職場を選んで来られました。 見た目とは裏腹のガッツのある先生です。 小児科医として、子どものこころも体もしっかりと診ていただけるクリニックを目指され、素晴らしいクリニックと思います。


桑山 泰明  先生 福島アイクリニック

今回のおすすめドクターは、大阪市福島区にある福島アイクリニックの院長 桑山泰明先生をご紹介します。 福島アイクリニックは、国内初の緑内障の専門クリニックです。 病院や診療所の眼科医が、桑山先生に緑内障の治療を依頼され、紹介状のある患者さんが多く来院されています。 桑山先生は緑内障の名医と言われています。

推薦者の声

芝 英一 先生

医療法人 英仁会  大阪ブレストクリニック 

桑山先生は、厚生年金病院で多くの緑内障患者さんの治療にあたってこられました。2009年4月に福島駅の近くで開業されました。目に関するあ らゆる相談や緑内障患者さんに、おすすめのドクターです。


渡邊 剛 先生 ニューハート・ワタナベ国際病院

渡邊剛先生は日本で唯一人、手術支援ロボット「ダヴィンチ」で心臓内手術を行っており、手術成功率99.8%という驚異的な実績を誇っています。「ニューハート・ワタナベ国際病院」は世界最先端の医療技術、快適な院内環境を備えた高度専門治療の病院です。

推薦者の声

伊藤 幹彦 先生

伊藤メディカルクリニック

渡邊剛先生は日本でも指折りの心臓外科の名医です。ロボット手術(ダヴィンチを使用)で心臓手術する、最先端治療のできる先生です。もしも自分が心臓病になったら、大学病院の教授でもあった信頼できる渡辺先生に診てほしいと思っています。


宋 美玄 先生 丸の内の森レディースクリニック

今回は、丸の内の森のレディースクリニックの院長 宋美玄(そん みひょん)先生をご紹介します。 東京駅正面の新丸の内ビルディング9階にクリニックがあります。

推薦者の声

秋田 悦子 先生

よどがわ内科クリニック 

大学の同級生である彼女は、持ち前の明るさと豊富な臨床経験でまわりを元気にしてくれる信頼できる素敵な先生です。



main_column

糖尿病の症状とは
澤木 秀明 先生
澤木内科・糖尿病クリニック

赤いブツブツが出る皮膚トラブルの原因は?
藤井 公男 先生
ふじい皮ふ科クリニック

高齢化出産 まだ妊娠は可能?
山下 正紀 先生
山下レディースクリニック

心筋梗塞や脳卒中の対応処置
泉岡 利於 先生
医療法人社団宏久会泉岡医院

肩こりのあれこれ。打撲等の治療方法
井尻 慎一郎 先生
井尻整形外科

不妊症について
塩谷 雅英 先生
医療法人社団 英ウィメンズクリニック


news_list

2018 / 07 / 13 ブレインズパートナー情報を更新しました。
弁護士 土屋勝裕 先生と民事信託の専門家である司法書士 杉谷範子 先生の各2名が新規登録されました。

2017 / 04 / 26 産経新聞に掲載されました。
2017年4月26日 産経新聞朝刊に掲載されました。