« 2011年05月 | メイン | 2011年07月 »

2011年06月23日

尾上歯科クリニック 兵庫県芦屋市 

芦屋市のにしわき消化器内科・外科クリニックの西脇先生にご推薦いただきました。
『尾上歯科クリニックの尾上先生は、歯科医院の先生や歯科口腔外科の先生も通われる素晴らしいドクターです。』
CIMG4551.JPG
今回取材のため尾上先生と面談して参りました。平成20年4月に開院された新しい綺麗なクリニックでJR甲南山手駅が最寄り駅になります。
詳しくは後日ご紹介いたします。

【取材担当者ファイナンシャルプランナー江上善章】

投稿者 egami : 08:24 | トラックバック

2011年06月19日

皮膚潰瘍、高齢者掻痒性皮膚疾患、膠原病、蕁麻疹

ふじい皮ふ科クリニックの院長 藤井 公男 [ふじい きみお]さんは、大阪赤十字病院/京都大学付属病院/神戸中央市民病院での20年の臨床経験を生かすべく、平成13年5月に当地で開業されました。
特に中高年にみられる、強い痒みをともなう慢性の皮ふ疾患の診断と治療には実績があると自負しています。長期間にわたり確定診断がつかず、通常の塗り薬による治療が奏功しない方は、ぜひ一度ご相談ください。
untitled%20fujii2.bmp院長 藤井 公男 先生 
詳しくは
http://www.osusume-dr.com/doctors/kansai/H260056.html
兵庫県神戸市兵庫区駅南通5丁目2-8-102キャナルタウンウェスト
TEL : 078-682-1241
FAX ::078-682-4412

投稿者 egami : 23:03 | トラックバック

2011年06月13日

緑内障の名医 桑山 泰明 先生 (福島アイクリニック )

大阪市福島区にある福島アイクリニックの院長 桑山泰明先生をご紹介します。
kuwayama%20gannkai.jpg
福島アイクリニックは、国内初の緑内障の専門クリニックです。
病院や診療所の眼科医が、桑山先生に緑内障の治療を依頼され、紹介状のある患者さんが多く来院されています。桑山先生は緑内障の名医と言われています。
詳しくは下記のHPをご参考ください。
http://www.osusume-dr.com/shoukai/27/index.html
【取材担当者 ファイナンシャルプランナー江上善章】

投稿者 egami : 07:06 | トラックバック

2011年06月12日

こどもの中耳炎の診断・治療なら大阪市福島区の田中耳鼻咽喉科

近年こどもの中耳炎が治りにくくなっていますが、その原因には不適切な抗生物質の多用や集団保育が関わっているといわれています。
正確な診断、適切な抗生物質の使用などガイドラインを順守した治療が大切です。
tanakajibiinnkouka.gif
田中耳鼻咽喉科さんでは2010年小児難治性中耳炎の疫学調査ドリームズ(DRIAOMS)に参加しています。DRIAOMSは中耳炎の原因ウイルスや原因細菌について全国的に大規模な調査を行うものです。近畿圏では当院を含め耳鼻科は3施設、小児科は1施設が参加しています。
※ DRIAOMS:drug-resistant respiratory infections and otitis media study group
詳しくは下記のHPをご参考ください。
http://www.osusume-dr.com/doctors/kansai/O250057.html

投稿者 egami : 17:43 | トラックバック

2011年06月09日

冷湿布と温湿布の使い分けについて(曲がる腰にもワケがある)

井尻整形外科院長井尻 慎一郎先生著書の『曲がる腰にもワケがある』よりの抜粋で紹介させていただきます。
普段、薬局でも簡単に買える湿布ですが、案外、冷湿布と温湿布を意識せずに使っていないでしょうか?
湿布には、大きく区分して①冷湿布と温湿布②消炎鎮痛湿布と温感タイプ消炎鎮痛湿布があり、また急性または慢性など症状に合わせて使う必要があります。

例えば、ケガをしたら冷やすのか?温めるのか?慢性の腰痛や膝痛は、冷やすのか?温めるのか?
身近なちょっとした疑問に読者にも分かりやすく解説されています。
【取材担当者 ファイナンシャルプランナー江上善章】

本書は下記のページにご紹介しました。
http://www.osusume-dr.com/mt-static/2011/04/post_136.html

投稿者 egami : 06:50 | トラックバック

2011年06月05日

『足』の整形外科クリニック 高倉整形外科クリニック

takakuraseikeigaka2.jpg 髙倉義幸院長
【高い専門性】
当クリニックは関西でも数少ない『足』の整形外科クリニックです。
プロ野球選手やJリーグのサッカー選手をはじめ、陸上、バスケット、ハンドボールなどの社会人や学生のスポーツ選手が足の捻挫、肉離れ、疲労骨折、靭帯損傷などケガの治療のために京阪神はもとより、遠方の中国や九州地区などからも通院しているほど専門性の高いクリニックです。
(取材担当者: 江上善章 )
高倉整形外科クリニック
院長 髙倉義幸先生
整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
神戸市灘区徳井町5丁目4番21号
電話078-851-1053
http://www.osusume-dr.com/shoukai/10/index.html

投稿者 egami : 11:06 | トラックバック