« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月29日

医療法人川崎病院

すう整形外科の鄒院長先生よりのご推薦で川崎病院の蓮池俊明先生と初めて面談して参りました。

川崎病院は神戸市兵庫区にある総合病院です。

蓮池先生は、当病院の循環器内科にお勤めの医師で、急性心筋梗塞の治療を専門にされています。
アメフトをされていたスポーツマンで大柄のドクターで、優しい笑顔が印象的でした。
取材にもご協力いただけましたので、かかりつけ医の本編にてご紹介させていただきます。
%E8%93%AE%E6%B1%A0%E5%85%88%E7%94%9F.jpg

お楽しみください。


川崎病院のホームページ  http://kawasaki-hospital-kobe.or.jp/


投稿者 egami : 10:30 | トラックバック

2009年11月12日

乳がん専門・大阪ブレストクリニック(大阪市福島区)

女性のガンの中で最も罹患数の多い乳がんなど、乳腺疾患の専門クリニックで、年間200件を超える乳がん手術実績のある大阪ブレストクリニック(大阪市福島区)さんを訪問しました。
年間200件を超える実績は、府立成人病センターや近畿大学・大阪大学などの大学病院と肩を並べる治療実績で、しかも乳房温存率も高い。

今回、大阪ブレストクリニックの副院長 高原祥子(たかはら さちこ)医師にお話を伺いました。
乳がん専門クリニックとして豊富な経験を持つ医師とスタッフが密に連携して患者さんの術前術後のケアまで細心の注意を払い安心・安全な医療サービスを提供されています。
%E9%AB%98%E5%8E%9F%E5%85%88%E7%94%9F.jpg


詳しくは、本篇の「かかりつけ医のご紹介」ページにてご案内させていただきます。

投稿者 egami : 09:27 | トラックバック

2009年11月08日

ガンにも効果?プラセンタについて

現在、プラセンタの注射薬で厚生労働省の認可を得ているのは、更年期障害などの治療剤として「メルスモン』と肝疾患の治療剤として「ラエンネック」の2種類です。
先日、私自身がラエンネックのプラセンタの治療を受診したので報告いたします。

ラエンネックとは、ヒト胎盤(プラセンタ)から生理活性成分を抽出した医薬品です。
ラエンネックの主な作用は
 1.肝疾患のウイルスやアルコールで壊死した肝組織を修復します。
 2.細胞1個1個の組織呼吸や新陳代謝を高め、細胞機能を活性化します。
 3.肝臓などに沈着した脂肪の減少や肝細胞の脂肪変性を改善します。

元来、プラセンタ(胎盤)は、胎児を酸化から防御する役割があり、活性酸素の消去作用を持つ強力な抗酸化活性成分が存在すると言われており、活性酸素が原因で起きている疾患(肝臓病、心臓病、脳血管疾患、ガンなどの病気)、更年期障害、不眠・うつ病などの精神疾患、慢性関節リウマチ、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、膠原病など多くの病気に対して有効性を示しています。

これは、プラセンタには、基礎代謝向上作用、血行促進作用、造血作用などの働きがあり自然治癒力を高めることで、さまざまな病気を改善し老化防止や若返り、美肌にも効果があると言われています。

ちなみに、このラエンネックの治療は一部のクリニックで行っております。

投稿者 egami : 11:06 | トラックバック